収済み記録メディアのリサイクル収益金の寄付に関してのご報告


プレス リリース

株式会社ビジョンサービスはビデオテープなどの記録メディアをリサイクルし、
その収益金を 10 月 28 日、横須賀地区作業所連絡会への寄付と致しました。
2010 年 6 月 19 日に横須賀スタジアムで「よこすか eco ゲーム」に参加し、
一般市民より持ち込み頂いたビデオテープ・CD・DVDをはじめとした
記録メディアの回収、分解・分別をし再資源化を行った際の収益金 1,171 円となります。

A9R8E8A




2010 年 10 月 28 日 公郷かりがね作業所にて撮影。
テレビ・ラジオ CM 等の送稿事業を行う、株式会社ビジョンサービス(本社・東京都港区、代表取締役・屋代英男)は 2009 年 10 月より、業務用のビデオテープ等をはじめとした記録媒体を再資源化し、その収益金にて社会福祉に還元する事業を始めました。
2011 年 7 月よりテレビ放送がデジタル化されることにより、業務用のビデオテープの需要が極端に減少し、その結果大量の廃棄ビデオテープを有効的に活用出来るように考案したものです。

一般家庭でもテレビ等の記録媒体はビデオテープ主体からハードディスク・光ディスクに移行が進んでおり、ゴミとして廃棄されるビデオテープの処理についても地方自治体の懸案事項となっておりました。
それらの記録媒体も同じく回収、再資源化を行うことによりエコと社会福祉を実現致します。


(1)本事業の主旨
①一般家庭よりゴミとして廃棄されるビデオテープ等の記録メディアを拠点回収することで地方自治体の課題であるゴミ削減の役割の一部を担う。
②    記録メディアを再資源化した収益金は社会福祉団体への寄付とし、社会福祉活動への還元を行う。
③    廃棄記録メディアのプラスチック素材のマテリアルリサイクルをプラスチックの再商品化手法として活用する。


(2)現在までの状況
・2009 年 10 月より、神奈川県逗子市にて毎月月末の金曜日・土曜日に行われている「リサイクル広場」に記録メディア専用回収ボックスを設置。
・2010 年 2 月より「横須賀商工会議所」の所内に記録メディアの専用回収ボックスを設置しており、
商工会議所所内及び、住民の方々よりビデオテープ等をお持ち込み頂いています。
・    2010 年 6 月 19 日に横須賀スタジアムで「よこすか eco ゲーム」 にて本事業を PR。
多くの方々より不要記録メディアの持ち込みを頂きました。
・    2010 年 8 月 30 日には逗子市内にてビデオテープなどの記録メディアの拠点回収を開始。

(3)今後の展開
現在、神奈川県逗子市及び横須賀市内での活動をしており、ビデオテープなどの分解・分別は作業所の仕事の一部として取り組んで頂いております。
再資源化した際の収益金は「横須賀地区作業所連絡会」の報酬となっております。
今後は本事業へ協賛頂ける企業を募り、事業範囲の拡大を推進していきたく考えています。


【横須賀地区作業所連絡会 概要】
横須賀地区の障がい者の方が社会活動をする為の福祉施設。
URL: http://www4.ocn.ne.jp/~syousaku/index.html
<本件に関するお問い合わせ先>

報道関係者向けお問い合わせ先
株式会社ビジョンサービス 営業部 伊藤秀行
e-mail:ito@visionservice.co.jp 
TEL:03-5402-6701

<会社概要>
会社名 :株式会社ビジョンサービス
代表者 :代表取締役 屋代英男
本社所在地 :東京都港区東新橋 2-8-5 東京茶業会館
設立 :1967 年 7 月 21 日
URL :http://www.visionservice.co.jp
主な事業 :放送番組の制作及び複製。広告代理店の CM 放送素材の送稿業務。

2010 年 11 月 1 日発表 株式会社ビジョンサービス